今回は「事業所単位の期間制限の起算日」ついてご説明いたします。

平成27年9月30日に派遣法が改正されまして、それまでの

「業種ごとに派遣期間の制限を設ける制度」を撤廃して、

 

 

の2つの制度が設けられました。

 

「事業所単位の期間制限」は、部署や派遣会社を問わず、事業所全体

で派遣労働者を受け入れられる期間が3年まで

 

「個人単位の期間制限」は、Aという派遣労働者が派遣先の

同じ部署(組織単位)で働ける期間が3年まで

 

という制度です。

 

この「事業所単位の期間制限」は、いつから起算するかと言うと、

平成27年9月30日以降、その事業所(雇用保険の適用事業所)で

「新たに派遣開始した日」または「派遣契約を更新した日」

のうち「一番最初の日」となります。

 

よく勘違いされるのは、平成27年10月1日以降と思われている方が

おられますが、あくまでも派遣法は平成27年9月30日に改正された

ので、平成27年9月30日以降となります。

 

また、これもよく勘違いされるのですが、平成27年9月30日時点で

派遣期間の途中であった場合、起算日は、平成27年9月30日だと思われて

いる方も多いのですが、あくまでも、「平成27年9月30日以降、

新たに派遣を開始した日または派遣契約を更新した日のうち、

一番最初の日」となります。

 

派遣契約を平成27年9月30日より前に行うか、後に行うかによっても

起算日は変わってきます。

 

派遣契約を締結した日が平成27年9月30日より前の日

(つまり、9月29日以前)の場合は、派遣法が改正される前の

法律(旧法)が適用され、平成27年9月30日より後の日

(つまり、9月30日以降)の場合は、派遣法が改正された後の

法律(新法)が適用されます。

 

具体例を挙げると

 

具体例 (1)

・ 派遣契約は平成27年ごろから契約していた

・ 派遣期間は3ヶ月更新

・ 契約更新1 平成27年10月1日~平成27年12月31日

(契約締結日:平成27年9月15日

・ 平成28年1月1日~平成28年3月31日

(契約締結日:平成27年12月15日)

 

この場合、事業所単位の期間制限の起算日は、平成28年1月1日となり、

事業所単位の抵触日は平成31年1月1日となる。

 

これは、契約締結日が平成27年9月15日の分は平成27年9月30日より前

に契約をしているので旧法が適用され、平成27年12月15日契約分から

新法が適用される

 

 

具体例 (2)

・ 派遣契約は平成27年ごろから契約していた

・ 派遣期間は3ヶ月更新

・ 契約更新1 平成27年10月1日~平成27年12月31日

(契約締結日:平成27年9月30日

・ 契約更新2 平成28年1月1日~平成28年3月31日

(契約締結日:平成27年12月28日)

 

この場合、事業所単位の期間制限の起算日は、平成27年10月1日となり、

事業所単位の抵触日は平成30年10月1日となる

 

これは、契約締結日が平成27年9月30日であるから、この契約分から新法が

適用されるためである。

 

(資料)
 厚生労働省 「労働者派遣事業関係業務取扱要領(平成30年7月6日以降)」

 https://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/jukyu/haken/youryou_h24/dl/all.pdf

 厚生労働省 「平成27年労働者派遣法改正法の概要」

 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000098917.pdf