抵触日通知は初回の派遣契約時だけでいいよね?

今回は、「抵触日通知は初回の派遣契約の時だけでいいよね?」

についてご説明いたします。

 

派遣契約を締結する前に、派遣先から派遣元へ「事業所単位の期間制限の抵触日」

を通知しなければいけません。

 

この抵触日通知ですが、初回の派遣契約の時のみ通知して、

その後更新した時は、しなくてよいと思っている方も多いですが、

 

抵触日通知は、派遣契約更新の都度、毎回、事前に通知しなければ

いけません。

 

例えば、ある派遣先と平成30年10月1日から3カ月契約の派遣契約を締結

したとします。

 

初回の派遣期間は

 平成30年10月1日~平成30年12月31日

となり、その派遣契約を更新した場合、次の派遣期間は

 平成31年1月1日~平成31年3月31日

となります。

 

この場合は、抵触日通知はいつしなければいけないかというと、

 

平成30年9月30日までに初回の抵触日通知をして、

 

平成30年12月31日までに2回目の抵触日通知を、

 

派遣先から派遣元にしなければいけません。

 

同じ抵触日をなぜ毎回通知しなければいけないのか?

という疑問を持たれるかもしれませんが、

 

派遣法の条文には「派遣契約の都度抵触日通知を行わなければ

ならない」と記載されており、

 

派遣契約の都度という言葉には、初回の派遣契約はもちろん、

派遣契約の更新も含まれているからです。

 

派遣先は、派遣契約更新の都度、抵触日通知を忘れないよう

お気をつけ下さい。


(資料)
 厚生労働省 「労働者派遣事業関係業務取扱要領(平成30年7月6日以降)」

 https://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/jukyu/haken/youryou_h24/dl/all.pdf

 厚生労働省 「平成27年労働者派遣法改正法の概要」

 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000098917.pdf