コロナ関係(派遣契約の中途解除による派遣料金額の支払い 派遣先向け)

今回の新型コロナウイルスに関するQ&Aが厚生労働省から発表されています。

 

 

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q9-1

 

 

 

上記のQ&Aは毎日のように更新されていますので、最新の情報をご確認ください。

 

上記Q&Aの中から派遣事業に関係のあるものについてご紹介したいと思います。

 

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

9 労働者派遣

<労働者派遣契約の中途解除等について>

問2

(対象:派遣先)

改正新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言下で、都道府県知事から

の要請・指示等を受け、事業を休止したことを理由として、労働者派遣契約の内容

の変更等を行う場合に、派遣先は派遣元事業主から派遣料金や金銭補償を求められ

ることになりますか?

 

 

答 

労働者派遣契約の履行を一時的に停止する場合や、労働時間や日数など労働者派遣

契約の内容の一部を変更する場合には、それに伴う派遣料金等の取扱いについては

、民事上の契約関係の話ですので、労働者派遣契約上の規定に基づき、派遣元と派

遣先でよく話し合い、対応してください。

 

 

筆者解説

 今回の新型コロナウイルスによる都道府県知事からの自粛要請によって事業を休

止した場合、派遣契約の内容の変更等(実際には、派遣契約の解除が多いと思いま

すが)を行った場合、派遣料金額の支払いについてはどうなるのか?

 派遣契約書に「災害等で派遣就業ができない場合についても派遣先は派遣元に対

して派遣料金額を支払う」というような記載がされているのであれば、支払わない

といけないでしょうし、そのような文言がない場合は派遣先と派遣元で話し合って

決めてくださいということです。

 仮に

 ・派遣契約書に「災害等で派遣就業ができない場合についても派遣先は派遣元に

  対して派遣料金額を支払う」という記載があっても払いたくない場合

 ・派遣契約書に上記の記載はなく、派遣元と派遣先で話し合ったがお互い平行線

  で決着がつかない場合

はどうするかというと、派遣契約については派遣法上何の規定もなく、そもそも個

々の契約内容については民事上のお話であるので、裁判なりなんなりして解決して

くださいということになります。

 

 

 

(資料)(以下のリンクはR2.4.15に更新しています)

 厚生労働省 「労働者派遣事業関係業務取扱要領(2020年4月)」

 https://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/jukyu/haken/youryou_2020/dl/all.pdf

 厚生労働省 「平成30年労働者派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>」

 https://www.mhlw.go.jp/content/000594487.pdf

 厚生労働省 「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル(労働者派遣業界編」

 https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000501271.pdf

 厚生労働省 「労使協定方式(労働者派遣法第30条の4)「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」について」

 https://www.mhlw.go.jp/content/000595429.pdf