コロナ関係(発熱などがある方の自主休業 派遣元向け)

今回の新型コロナウイルスに関するQ&Aが厚生労働省から発表されています。

 

 

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q9-1

 

 

 

上記のQ&Aは毎日のように更新されていますので、最新の情報をご確認ください。

 

上記Q&Aの中から派遣事業に関係のあるものについてご紹介したいと思います。

 

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

4 労働者を休ませる場合の措置(休業手当、特別休暇など)

<発熱などがある方の自主休業>

問4

(対象:派遣元)

労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。休業手当の支払いは

必要ですか。

 

 

答 

会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいているところですが、新型

コロナウイルスかどうか分からない時点で、発熱などの症状があるため労働者が

自主的に休まれる場合は、通常の病欠と同様に取り扱っていただき、病気休暇制

度を活用することなどが考えられます。

一方、例えば発熱などの症状があることのみをもって一律に労働者に休んでいた

だく措置をとる場合のように、使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般

的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払

う必要があります。

 

 

筆者解説

 今回の場合、派遣労働者が自主的に休んでいるので、派遣元から派遣労働者への

休業手当の支払いは不要であると考えられます。

 ただし、これが派遣元から派遣労働者に対して「熱が出てるのであれば出勤しな

いでください」と言ったのであれば、休業手当の支払い義務が生じる可能性があり

ます。

 そのような場合は、雇用調整助成金の対象となるかもしれませんので、各都道府

県にある労働局の助成金窓口に問い合わせてみてください!

 

 

 

雇用調整助成金については以下のサイトをご確認ください!

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

 

 

 

 

 

 

(資料)(以下のリンクはR2.4.15に更新しています)

 厚生労働省 「労働者派遣事業関係業務取扱要領(2020年4月)」

 https://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/jukyu/haken/youryou_2020/dl/all.pdf

 厚生労働省 「平成30年労働者派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>」

 https://www.mhlw.go.jp/content/000594487.pdf

 厚生労働省 「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル(労働者派遣業界編」

 https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000501271.pdf

 厚生労働省 「労使協定方式(労働者派遣法第30条の4)「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」について」

 https://www.mhlw.go.jp/content/000595429.pdf